グローバル社会で躍進を目指す人のための情報サイト

グローバル社会で活躍する為に今から準備できる事

グローバル労働の準備は言語から

国際的なグローバル化の進展に伴って、グローバル社会を念頭に国際的な観点で就労先を定める人も増加しています。

しかし、グローバル化には問題も山積みで、特にグローバル化への対応が遅れがちな日本は、法整備を含めたグローバル化への対応に苦慮しており、義務教育を含む学校教育においてもグローバル化に対応しきれていないなど、ガラパゴス的な環境も手伝って日本のグローバル化は本格化しているとは言い難いものがありますが、徐々にですが確実にグローバル化が進行していることは間違いなく、外国人労働者も確実にその数を増やし続けていますし、人口比の問題もありこれからも増加が続くことは想像に難くありません。

では、グローバル社会での労働について考えてみましょう。

日本で最も増加傾向にあるスタイルは、就労先の言語を習得し専門技能ないし特殊技能を修め、国内で数年の経験を積んだ後に就労ビザを取得し、目標の海外企業に就労することを目指したり、国内で十分な経験を積んだ専門技能者や特殊技能者が、就労先の言語を習得した後、やはり就労ビザの取得を目指したりといったスタイルになるはずです。

これ以外にもインターネット技術の発達から、国内から国外に商品やサービスを販売することも、もはや珍しくはありませんし、個人事業主が制作したゲームやアプリ、イラストや芸術品など多岐にわたる商品を事業主自身が翻訳、或いは翻訳家を介することで、国際対応を図るケースなど、労働のグローバル化は様々な形で進行していることが窺えます。

国際的に働くことに対する複合的な考察

グローバル社会での労働において、共通の言語は欠かせないコミュニケーションツールに他なりません。 本項では英語や地域ごとの公用語の重要性と共に、英語の第二言語としての有用性と必要性に言及し、グローバル社会での共通言語の必要性を強く訴えかけることを試みました。

汎用性の高い技能と労働ビザ

このページでは、国際社会をステージとした労働を志すにあたって必要となる、言語以外の技能と資格並びに国外の就労に欠かせない就労ビザの取得についての私見を述べ、グローバル社会に対応するための補助を試みると共に、グローバル労働の促進を促すことを目的に情報をまとめています。

風俗と宗教について最低限学んでおくべきこと

海外で働き社会生活を営むにあたって、国や社会ごとの風俗や宗教は非常にデリケートでありながらも、決して避けることができないファクターです。 海外での風俗や宗教との付き合い方に関する指針として、現地の風俗と歴史を学ぶ必要性と、大まかな宗教対策を提示しました。

Page Top