国際的に働くことに対する複合的な考察

海外で働く際に言語習得は最優先事項

海外勤務を含む企業の求人の中には、英語や現地の言語の事前習得を不要とするものも間々見られますが、円滑に働く上でも、海外の勤務地で安全に生活を送る上でも、英語または、現地での公用語の習得は最優先といっても過言ではありません。

なぜなら、労働面では結局のところ人と人とが関わる以上、言語以上のコミュニケーションツールは存在せず、信頼関係の構築の意味合いでも共通の言語の優位性が高いのが現状であることに加えて、安全面でも、日本の治安が世界でも屈指の高さであることも手伝って、日本人の危機管理意識が極めて低い傾向にあることから、最低でも英語かもしくは赴任先の公用語を使えなければ、相手の言葉が理解できず安全に生活を送るのに支障をきたすことは、火を見るよりも明らかであるためです。

グローバルに働くためには英語が必須

世界全体のグローバル化が進む以前から、広い地域で英語は公用語や準公用語として用いられていたこともあり、人口で勝ると共に市場規模が拡大傾向にある、中国の中国語やインドのヒンディー語を押さえて、現在も世界で最も習得者数が多い第二言語の座を維持しています。

第二言語としての習得者数が世界一位であることは伊達ではなく、様々な地域で利用可能な上、案内板や標識に併記されていることが多いので、グローバル社会に対応するために不可欠と言ってもいいほどであり、グローバル社会に対応して海外での勤務も視野に入れた就職を考えていたり、日本に支社を持つ海外の企業への就職を考えていたりするのであれば、間違いなく英語を習得しておくべきです。


この記事をシェアする

ツイート
いいね
B!はてブ

Page Top